2016.02.10

WEC卒業生:福永実咲 シングルCD2枚同時リリース&ワンマンライブ情報!

LINEで送る

ワタナベエンターテイメントカレッジのシンガーソングライターコース卒業生、福永実咲さんの音楽活動のご紹介です!

昨年12月9日に2枚同時発売の1stシングル『#1』『#2』が好評のシンガーソングライター福永実咲のワンマンライブが決定。
北参道ストロボカフェで行われるアコースティックワンマンライブ『深く短い春の夢』は「色んな私を見て欲しいため」という
想いより2部構成で開催される。現在オフィシャルサイトでは、ミュージックビデオ “アイズ”が配信中。

福永実咲ワンライブ情報

image

福永実咲:オフィシャルホームページ
1992年12月9日生まれ。愛知県出身のシンガーソングライター。
2013年より東京を拠点に音楽活動を開始。
人の心の奥深くにある複雑な感情、恋愛観や世界観を、独特な視点で言葉を紡ぐ歌詞。
一聴で存在感を残すハイトーンボイスで、深みのあるメロディーをロックサウンドから弾き語りまで多彩なアレンジを用いて表現する。

2014年7月には、渋谷TSUTAYA O-WESTにてイベント出演。同日1stシングル「知ったふり/嘘ツキ。」をリリース。
2014年12月 2ndシングル「キンモクセイ」をリリースし、東名阪ツアーを敢行。
2015年3月より6ヶ月連続2マンライブ企画『福永実咲とフクナガミサキ』を開催。
2015年12月8日、自身初となるワンマンライブ『ひとりたびのいろは』を開催。
翌日12月9日に「#1」「#2」シングル2枚同時リリース。

現在はソロ活動に加え、サポートメンバーにGuitar中島亮(from crownshop)、Bass小川博永(fromつばき)、Drums宗村つとむ(ex.SCARLET)を迎え、バンドスタイルでの活動も精力的に行っている。